ヌルヌルがツルツルに!

こんにちは。院長の佐藤です。

1月14日には各地域でどんと祭が開かれました。
1月18・19日には今年で最後となる大学センター試験が行われましたね。
当日は天気にも恵まれました。友人が裸参りに参加したのですが今年は暖かくて良かったと言っておりました。

仙台の今シーズンの冬は雪がほぼ降らず、降ったとしても雨、こんなことがあったでしょうか?スキー場も閉鎖している地域もあるようです。暖冬を喜ぶ方も多い一方で他方では暖冬で困る方もいらっしゃいます。

ところで、みなさん歯がヌルヌルしていませんか?
これは、歯についた「バイオフィルム」です。
このバイオフィルムは排水溝などにつくヌメリと同じもので、発生している細菌を守るバリヤーとなってしまいます。このバリヤーの中でむし歯菌や歯周病菌などが増殖し、お口の中の環境が悪化していきます。

しかし、バイオフィルムは普段の歯磨きで除去できるものではなく、また、殺菌剤や抗生剤なども跳ね返してしまうような強固なものです。歯科で機械的な除去(PMTC)を行うしかありません。

PMTCでバイオフィルムの除去を行うとむし歯や歯周病の予防になるだけではなく、お口の中がサッパリし、歯もツルツル、口臭も軽減されて良いことづくめです。バイオフィルムは3~4カ月ほどのサイクルで出来るといわれますが、個人差があります。お口の環境を守るためにぜひ定期的にお受けください。

歯科ナチュールにお気軽にご相談ください

お電話