スポーツマウスガード

ゴールドジム提携医院 マウスガード提携

当院はゴールドジム(GOLD’S GYM)仙台エリアの提携医院です。スポーツマウスガードの「提携割引」があります。詳しくはお問い合わせください。

スポーツマウスガードの必要性

スポーツマウスガードというものをご存知ですか?スポーツというのは本来、体力向上や健康増進を目的として行います。しかしスポーツを行なっている最中に加わる様々な衝撃によって、歯や口の中などを傷めてしまうケースというのは意外と多くあります。

健康のために行なっているスポーツで逆に健康を損ねてしまうというのは、本当に残念なことです。そのようなことを未然に防ぐために効果的なのがスポーツマウスガードで、近年、多くのスポーツで取り入れられています。

スポーツマウスガードとは

スポーツマウスガードとは、スポーツをしている時に起こる強い衝撃から歯や口の中の外傷を防いでくれる、プロテクターの役割をするものです。通常は上の歯に装着するタイプで、シリコーン製です。

よく知られているものとしては、体がぶつかり合うことの多いコンタクトスポーツ(ボクシング、アメリカンフットボール、キックボクシング、ラグビー、アイスホッケーなど)で使用されているケースですが、必ずしも体が触れ合うことのない球技やスキー、乗馬、体操、ウエイトリフティングなどのようなスポーツにおいても、口周辺の外傷を起こすことがあるため、スポーツマウスガードの装着が推奨されています。

スポーツマウスガードの役割

スポーツマウスガードには主に次の二つの役割があります。

外傷から守る

一般的に知られているのはこちらの役割です。特に激しくぶつかり合うようなコンタクトスポーツにおいては、ぶつかって歯を折ってしまったり、ぶつかった拍子に自分の歯で口の中を大きく切ってしまったりすることがあります。スポーツマウスガードを装着しておくことでそのようなトラブルを防ぐことができます。

自傷から守る

スポーツをしている間というのは、力を発揮する際に歯を無意識に食いしばっていることが多いものです。特に重いものを持ち上げるなど、パワーを必要とするスポーツならばなおさらです。食いしばりは歯にかなりのダメージを与え、歯がすり減る、歯にヒビが入る、歯が真っ二つに割れる、詰め物や被せ物が取れてしまう、などのトラブルを引き起こす原因になります。

また、舌や頬を噛んでしまうこともあります。スポーツマウスピースをつけることによって、このような自傷から自分の歯や口の中を守ることができます。

一度傷めてしまった歯は元には戻りません

スポーツで受ける歯へのダメージというのは大きいものです。コンタクトスポーツ時の衝撃で歯が折れてしまうケース、抜けてしまうケースに関しては言うまでもありませんが、スポーツ時の食いしばりによるダメージというのも相当なものです。

食いしばり時にかかる力は成人男性で体重程度〜100キロくらいまでかかるという調査結果が出ています。食事の時にかかる力は10〜20キロですから、その力が相当なものだということがわかるでしょう。ダメージが加わった歯というのは決して元通りに戻すことはできず、結局は歯を失うのを早めてしまうことになります。

かつてはスポーツマウスガードをつけるのはトップアスリートに限られていましたが、現在では歯の健康を守るために、スポーツを趣味でやっている人の間でもスポーツマウスガードを使用している人が増えてきています。歯医者さんで簡単に作ることができるので、気になる人は相談してみましょう。

ゴールドジム提携医院 マウスガード提携

当院はゴールドジム(GOLD’S GYM)仙台エリアの提携医院です。スポーツマウスガードの「提携割引」があります。詳しくはお問い合わせください。

歯科ナチュールにお気軽にご相談ください

お電話